風俗で募集を集める為の文章表現とは

風俗店が働く女性を集めるための求人広告で気をつけるべき文章のポイント

まず募集したい女性のターゲット層を意識すること

現在では全国各地に風俗店も数多くなり、昔ほど怪しげなイメージはなくなっています。
世間の女性たちにとっても、正式な働き先を探す間の生活費稼ぎや、お金が必要な際のアルバイトとして、風俗店で気軽に働くケースが多くなっています。
風俗店にとっても、常にフレッシュな女性に入ってもらうことは、店の存続や売り上げに関わってくる重要なポイントです。

そのため、新人女性を求める求人募集にも魅力ある文章を並べて、風俗で働きたいと考えている女性の目を引くことが肝心になります。
しかし風俗店が数多ある昨今、他の店に比べて目を引く広告を出すことは難しくなっています。
また、風俗店にもそれぞれの店のコンセプトもあり、店側としても、どんな女性でも受け入れるというわけにもいかないでしょう。

そこで、このサイトでは、風俗店の求人募集において、女性たちの目を引き、お店が求めるタイプの女性を集めるための、的確な文章表現のポイントを解説します。
店の求めるタイプの女性を集めるには、どのような点に注意して文章を書けばいいのか。
店の魅力を伝え、きちんと本文を読んでもらえるキャッチコピーの書き方とは。
虚偽、誇大広告を出す店にはどのようなリスクがあるのか。
さらに求人広告だけではなく、注意しなければならない意外なポイント。
その他、求人広告に記しておくべきポイントなど。
これらのポイントを抑えて求人広告文を書くことで、店が求める女性たちに確実にアピールできます。

風俗店の求人募集で文章表現に注意すべきポイント

風俗店の求人で文章を書く際、まず第一に、店ではどのようなタイプの女性を求めているのか。 風俗店の経験がない若い女性がいいのか。あるいは20代から30代以上でも、ある程度、風俗経験のある女性がいいのか。 ターゲット層を明確にして、それに応じた文章を書くことが重要になります。

キャッチコピーでメリットを伝えて本文に導入すること

風俗店に限らず、求人広告で重要になるのが、その求人の魅力を端的に伝えるキャッチコピーです。 キャッチコピーでその店に務めるメリットを伝えることで、仕事を探す女性の目を引き、本文へと誘導します。 ただし虚偽、誇大広告は百害あって一理なしなので、決して用いてはいけません。

店のホームページと比べて矛盾のない求人内容にすること

意外と見落としがちなのが、客に向けた店のホームページです。 風俗店勤めに慣れた女性は、求人広告のサイトと店のホームページを比較し、プレイ内容や時間から、どの程度稼げるかを計算します。 したがって店のページと求人サイトの内容に矛盾があってはいけません。 他、求人に記載すべきポイントも並べました。