風俗で募集を集める為の文章表現とは

風俗店が働く女性を集めるための求人広告で気をつけるべき文章のポイント

店のホームページと比べて矛盾のない求人内容にすること

このコラムをシェアする

客に向けた店のホームページにも注意を

現在の風俗店は、客に向けた店のホームページを持っているところが大半です。
中には店のホームページに、顧客向けだけでなく女性向けの求人ページをおいているところもあります。

そして風俗店での仕事経験がある女性は、求人募集ページだけでなく、店のホームページも確認して、プレイ料金や時間から、女性がいくら稼げるかおおよその金額を割り出します。
この計算に比べて、求人募集ページでのギャラの金額が安い場合は、店の取り分が高いと見抜かれてしまいます。
また逆にプレイ料金に比べてギャラが高すぎる場合も、虚偽や誇大広告かと疑われてしまいます。
求人広告を出す際には、ただ高収入を謳うだけでなく、店のホームページもチェックして、高すぎず低すぎず、不自然でない範囲のギャラを提示することが必要です。

その他、風俗店の求人に明記すべきポイント

その他、風俗の求人に明記すべきポイントとしては、まず体験入店が可能か。
子供がいる女性のために託児所があるか、預ける際の条件や料金など。
昼間の仕事との掛け持ちは可能か。寮はあるか、その環境や月額。
店までの送迎システムがあるか。応募する際の個人情報保護について。
また面接時の持参物について、履歴書は不要、ただし免許証など年齢確認ができる書類が必要など。
出勤の回数や時間について、一日最低何時間から、月最低何回からの勤務が可能か。
ギャラに関しては日払いができるか、入店祝い金の有無、最低保証金額などになります。
風俗勤めを希望する女性にもさまざまな事情があり、自身のニーズにあった店を探すため、できるだけ細かい条件への対応を明記するほうがいいでしょう。