風俗で募集を集める為の文章表現とは

風俗店が働く女性を集めるための求人広告で気をつけるべき文章のポイント

風俗店の求人募集で文章表現に注意すべきポイント

このコラムをシェアする

若い女性を求めるならわかりやすさ第一で

風俗の求人広告では、まずどのような女性を募集したいか、ターゲットを絞って文章を書くことが重要です。
10代から20代の若い女性を募集する場合は、まず読みやすい平明な文章を書くことです。
若い女性は人生経験的に語彙が少なく、難しい文章では理解されないことが多くなります。
もちろん若い女性で読書家もいますが、多数に広めるべき広告では、読解力が一番低い層に合わせることも必要です。

また若い女性は風俗未経験なことも多いため、仕事の内容について、出勤から接客までの流れを具体的に、なおかつ不安を感じさせない表現で説明することも大切です。
同じく待遇についても、給与体系や必要経費などを具体的に詳しく説明して、未経験の女性の不安を払拭することがポイントになります。

20代以上の女性を求めるなら具体性が重要

一定の社会経験や風俗店の経験がある20代から30代以上の女性を求める場合は、初歩的な仕事内容の説明よりも、より具体的で詳細な待遇をすべて明記して、他店との違いを明確にすることです。
例えば「一日の最低保証額○万円」「全額日払い」「送迎あり」「Wワーク可能」「アリバイ対策あり」など、その店を選ぶメリットを感じさせることが重要なポイントです。

また30代以上になると、自身の年齢や容姿、体型を気にして、働けるか不安に思う女性も多くなります。
店で求める女性像について、具体的に描写することも必要になります。
また可能ならば実際に店で働いている女性の容姿や年齢などのプロフィールを紹介して、具体的なイメージを伝えるといった方法もあります。